ブログ

2016.01.07

無事ゲットした福玉の中身は!?【鎌倉初詣後半日記】

 

前回の鎌倉初詣前半日記はコチラからどうぞ

 

鎌倉初詣後半日記です^^

アレ、あるかな~

売り切れていないかな~とドキドキしながら向かった鳩サブレーでお馴染みの豊島屋。

店内入ってあたりを見回すと…

あったあった!!!!!゜+*:.(◆’v`*pq)

とまっさきに手にしたものはというと…

じゃんっ

 

これは、豊島屋さん福玉です(*’U`*)

お正月限定商品のこの【福玉】

初詣あとはこれが目当てだったりする~

とりあえず2016年の福玉ゲット^^

(現段階(1/7)では本店はまだ商品の在庫があるそうです)

 

福玉は帰宅後に開封しました♪(開封はのちほど♪)

無事福玉をゲットしたのでこの先はゆっくりと小町通りを散策です^^

まず鎌倉に行ったら絶対に立ち寄る場所はここ壱番屋。

お煎餅専門店です^^

炭火で手焼きしたお煎餅が本当に美味しいのですが

店内では焼きたてのお煎餅を購入することができて、これがもう…ウマイ。

 

混雑している店内を見渡すと息子がいない。

そして店内の行列にふと目をやるとそこには行列に並んでいる息子の姿が!

 

息子、自分のお小遣いで焼きたて煎餅を食べるつもりのご様子。

が、

ちゃんと親の分まで買ってくれてた~゜+*:.(◆’v`*pq)

息子よ!♪

あざっす!(●*’v`*人).o0

「ハイ、ママの分」

「ハイ、パパの分」

てなわけで店内の焼きたて煎餅を食して満足な和田家。

今年もいろいろとおいしそうな煎餅を買って…

こたつに入ってお茶をすすりながら食べます♪

ここではお配り用のお土産も購入しました^^

絶対に喜ばれるお土産です!

 

そして、壱番屋の向かい側にあるお漬物屋さんにも立ち寄ります

ここでは試食もしっかりする和田家。

毎度絶対に購入するこの二品。これだけでゴハン2杯はいけますが正月太りに注意。

お漬物の他にいろんな種類のお味噌も購入できるので、お味噌を買って義祖父母のお土産に^^

次のお店は…

松屋の飴総本舗さんです。

ここでは厄を切るように軽快なトントコトントコが見れますよ~

この包丁をですね…

グルンッと空中でまわしたりして、さすが!な技を披露してくれるのですが、

息子が見入ってしまいなかなか進まないのです^^;

「すごい…すごっ…」

「すごー」ばかり言って完全お兄さんの虜の息子。

息子…あの…一応言っておきますが…家ではマネできませんから…ね。

 

ぬ~んっ

 

これ大仏様なんですけど、椅子…ではないですよ…ね?とちょっと心配になってしまったのですが。

たぶん違いますよね^^;

って誰も大仏様のお顔に腰を掛けないと思うのですが^^

ここで発見した茶筒!

購入。

側面。

 

高いお茶が入っていそうな…

なんかいいことがありそうな…

そんな雰囲気を醸し出していたので購入してきました。

帰宅して開封してこのお姿を見たら使うか、飾るか迷っています。。。

 

この井戸ご存知ですか?

小町通りの端にある井戸なんですが、意外と素通りされがちのこの井戸、鎌倉十井のうちのひとつなんです。

新清水寺にあった鉄の観音像の頭がこの井戸の底から掘り出されたといわれている井戸なんですよ…

出てきた頭は、江戸時代まで井戸の前にあった鉄観音堂に安置されていたそうですが、神仏分離令により観音堂が取り壊されたため、現在は東京人形町の大観音寺のご本尊となっているとか。

新清水寺が焼け落ちたとき、突如強い光が発せられ、巽の方角に飛び去っていった。
翌日、村人が火災の跡片づけをすると焼けた観音様の胴体はあったが首がみつからなかった。人々はあの光が観音様だったと噂し、数年が経ち、雪ノ下の井戸が、目を洗えば治り、常用すれば風邪をひかず、胃腸病や傷も治るという評判になった。そのうち、観音様のお首が井戸の中にあるに違いないという話になり、井戸替えのときに井の底を掘ると観音様のお首が現れた。お首は観音堂に安置され、井戸は「鉄ノ井」と呼ばれるようになり、参詣者が絶えなかったという。

 

そんな伝えもあり、ここの井戸は鉄の井と呼ばれるようになったそうです。

歴史ある井戸なんですね。

 

こんな感じで、朝からお昼すぎまで鎌倉を堪能し、帰路についたのでした^^

 

では、

福玉開封しますか…

 

その前に

この福玉が購入できる豊島屋さんの外観です

ちょっとズームしますね

鳩になってます^^

で?

じゃなくて、

これ、非常用侵入口を鳩型にしてあるんですよ。

そして、この鳩さんの赤い目も、非常口のランプなんです。

工夫がすばらしい件でした。

 

そして、ちゃんと鳩サブレーも買ってきたわけですが

この写真の奥に見える箱の両脇には

いま鎌倉?

いざ鎌倉

と細かいところまでなんだかかわいい。

そして、鳩サブレーを運ぶこのトラック

 

絵のまんま。いや、実物のまんま。

絵のナンバープレートなんて 8-10

ハ・ト ですよ。

豊島屋さんの仕事の細かさにあっぱれであります!

 

さ…

福玉開封といきましょうか…

(○゚ε゚○)

いきなり開けました。

 

福玉さんお目見え!

申年であります!

そしてこの裏は?

縁起もののだるまさんです^^

 

だるまさん、白目をむいているわけではありませんよ

ちゃんとだるまさんの目のシールが入っているので自分の手で目入れをします^^

 

ではだるまさん、お申さま、ちょっと失礼します!!

開封~!

パカーン

だるまさんの目シールが中央に^^

2016年福玉の中身を紹介していきます^^

だるまさんの目シールと干支の飴

銭洗いの泉と懐中しるこ

これはクリップ(文房具)です

開けまーす

おさるさんとハト!♪かわいいなぁ

小鳩豆楽(豆風味のらくがん)

開けまーす

上品なことっ

これは、銭洗い弁天でお清めされた宝銭が入っています^^

お財布に入れて大切にします

そして、色とりどりの宝の詰め合わせお干菓子です(*’U`*)

縁起ものがたくさん入っていて幸せだな~♪

 

そんなわけで、ワクワクしながら開封した福玉、2016年度版でした^^

大切にいただき、大切に使って、大切に飾ろうと思います。

 

和田家のお正月最後の恒例行事、鎌倉初詣日記はこれにて完結です(^O^)

最後までお付き合いくださりありがとうございました!

2016年もどうぞ宜しくお願い申し上げます♪

 

下の開運鳥居をクリックしていただけたら幸いです^^

みんなのお正月何してた?はコチラから

和田のおすすめブログ☆はコチラから

 

 

 

TEL:0296-47-3599お問い合わせ
一番上に戻る