ブログ

2021.01.14

転んで手を衝いてしまったら気を付けて!

みなさんどうもこんにちは、あお整骨院です!

今年はいつもより寒さが厳しい気がしますね。こうも寒いと雨の日の後は地面の凍結が心配になります。

 

ところで、転んだ時にとっさに手をついてしまって、手首に強い痛みや腫れが出てしまうケガがあります。

それは「コーレス骨折」という手首の骨折かもしれません!!

「コーレス骨折」は転倒した際に手の平側をついて起こる骨折で、10歳前後の子どもや中年以降の女性に多く発生し

若い世代でもスノーボード中の転倒や交通事故といった強い外力が加わると発生します。

主な症状は

・手首の強い痛み、腫れ

・関節の可動域制限

・手に力が入らない

指のしびれ(親指から薬指)などです。

骨折により骨がずれた時、フォークを伏せたような状態になるので、手首がフォーク状変形になるのも特徴です。

 

ではもし皆さんが転んだ際に、手首を痛めたらどうすればよいでしょうか?

 

痛みや腫れが強い場合は一度、整形外科でレントゲンやCTスキャンによる検査を行ったほうが良いでしょう。

骨を正しい位置に戻すために整復を行った後は、ギプスにより約4~6週間ほど固定を行います。

 

そして医師の同意をいただければ、当院でも治療を行うことができます。

 

当院での治療は骨折の癒合を促進するLIPUS(ライプス)筋緊張を緩める電気療法、骨癒合後に関節の動きを回復するためのリハビリなども行えます。

もしも、転んでケガをしまった時は当院にご相談ください!

TEL:0296-47-3599お問い合わせ
一番上に戻る